結婚式の招待状はラクスルで作ろう!簡単で低コスト

結婚式招待状をラクスルで

結婚式招待状をラクスルで

人生の門出を祝う結婚式には、仲の良い親友を数多く呼びたいものです。

 

新郎新婦はその為に結婚式の招待状を作成する必要があります。ラクスルは印刷物に関する注文を受け付けてくれる会社です。

 

コマーシャルなどでもラクスルが流れることがありますが、店舗や会社でないと注文を受け付けてくれないようなイメージがあるかもしれませんが、個人でも注文することができ、結婚式の招待状のひな型なども用意されているので、時間をかけずに簡単に作成することもできます。

 

しかも、そのまま配送手続きもしてくれるので、とっても楽チンです。

 

結婚式の招待状と言えば、やはり恥ずかしいものは送ることができません。しかし、個人の方なら、デザインなどの勉強をしていない限り、どんな風にすればいいのか思い悩んでしまうのが現状です。招待状を作るのにとっても悩んで時間をかけるのもいいことがあるかもしれませんが、新郎新婦の準備は何もこれだけではないので、利用できるものはラクスルでもお願いして、ほかの準備にも余念なくしたいものです。

 

結婚式の招待状に関してはラクスルでははがきタイプのものと、封筒タイプのものがあります。注文する枚数によって、1枚当たりの価格が変わってきます。返信していただけるように、はがきタイプのものは往復はがきにするのが一般的です。

結婚式招待状 作り方

結婚式招待状 作り方

多くの方が、結婚式の招待状を作るのは初めてだという人が多いのではないでしょうか?もちろん2回目の結婚だという人は別ですが、結婚関連の仕事をしているとか、友人に招待状のお手伝いと頼まれたとか以外は、基本的には初めてのこととなります。

 

また、結婚式の招待状ということで、失敗することが許されないことから、インターネットなどで調べながら作成する人が多いと思いますが、それでも不安が残るものです。

 

そんな時にはラクスルに丸投げする方法もあります。招待客のリストを作成して、結婚式の日時、あとは、ちょっと特徴を出すための二人からのメッセージなどを考えるだけです。

 

レイアウトなどは、ラクスルにたくさん用意されているので、そのまま使うのもよし、自分なりにちょっとアレンジするのもよし、自由に作成することができます。

 

また、ラクスルで用意されている結婚式の招待状ははがきタイプと封筒タイプがあり、封筒タイプの方がより高級感を演出することができるようです。予算に余裕があるのなら、ぜひ封筒タイプの招待状を作成することをおすすめします。

 

結婚式招待状作成のスケジュール

結婚式招待状作成のスケジュール

 

結婚式には多くの方が参列されると思います。会場の手配等を考えると、1か月前には出席者のリストは完成しておきたいものです。逆算で考えると結婚式の招待状は、結婚式の1か月前には返信が届いていないといけません。そのようにしてスケジュールを考えていくと、準備の段取りがスムーズにいきます。どんなことも着地点を決定してから逆算していくようにしましょう。

 

また、結婚式の招待状に関しては、デザインなどでも頭を悩ませる方が多くおられます。何せ初めてのことなので、勝手がわからないことがあったり、礼儀のことがわからなかったりとわからないことだらけの中でスケジュールを調整していかないといけないので、なかなか準備に時間を割いても、やってもやっても、充分に納得することができず、これで大丈夫かなという気持ちがずっと付きまとうものです。

 

結婚式の準備は、それは気を使うことでしょうが、あなたの門出を祝ってくれる、知人が集まってくれる人生でたった3回のうちの1回だといわれています。一回目は誕生した時、2回目が結婚式、3回目がお葬式だといわれています。

 

結婚式の招待状のスケジュール調整は難しいかもしれませんが、100点満点がとれるように頑張ってください。

 

結婚式招待状の費用

結婚式招待状の費用

往復はがきや封筒タイプによって、結婚式の招待状の費用は大きく変わってきます。高級感や上品さを出したいのなら封筒タイプの招待状がおすすめですが、費用がかさむデメリットがあります。はがきタイプなら、費用は安く済みますが、特徴を出せないので印象に残りずらいというデメリットがあります。

 

人生に一度きりの結婚式なのですから、奮発してしたいものですが、用意できる費用は、全体の予算から考える必要があるでしょうね

 

ラクスルでは結婚式の招待状の印刷も請け負っています。業界最安値をうたっているので、どこの印刷業者に頼むよりも安い価格で結婚式の招待状が作れると思います。また、封筒タイプもはがきタイプも取り扱いがあるので、ノウハウに関しても十分だと思います。

 

新郎新婦側が県紺式の招待状作成についてわからないことがあれば、メールでの質問に対してラクスルは答えてくれるので、全く分からないと感じているのであればお願いしてみるものいいでしょう。

 

はがきの印刷などはラクスルでは100部から受け付けているので、それぐらいの規模で結婚式を考えている方は一度ラクスルに連絡を入れてみてはいかがでしょうか?招待状のデザインなどのテンプレートなども用意されているようです。誰でも簡単に作成することができます。